駅から近いマンションをスムーズに売却できた

低層階だったのでマンションの売却に時間が掛かりました

売却をしたマンション築7年の4LDKで都心から電車で30分、最寄り駅から徒歩で20分、駅からバスに乗れば10分程度と便利な場所にあり、スーパーや学校そして病院なども徒歩圏内で人気があるマンションでしたので直ぐに買い手がつくと考えていました。 売却を考えたのは、家内の両親が2世帯住宅に建て替えることになり、もともとこのマンションを買ったのも家内の両親の家から車で15分程度だったことも有りました。 2世代住宅を建てる予定も無かったためマンションを35年ローンで購入しましたが、結局売却することにしました。 ローンが残っていましたが、売却した金額でローン返済と新しい住宅への引越料金そして家電や家具などを支払って手元に預金出来る程度のお金が残れば良いと考えていました。 マンションを分譲した会社に売却を依頼したときは、場所が良いのと広さもファミリーに人気があるタイプなので直ぐに可能だとのことでしたが、当初不動産会社が提示した金額では売れないとのことで価格を下がるとの連絡が有りました。 なぜ売れないのか聞いたところ、回答は低層階とのことで同じマンションでも7階以上で有れば直ぐに購入を希望する方もいるとのことでした。 購入時は3階も7階もほぼ価格は変わりませんでしたが、売価時は高層階の方が売却し易いとは考えていませんでした。 結局売却まで予定より半年長く掛かりました。

転勤を機に東京のマンションを売却色々調べて信頼できそうな不動産業者に任せた立地も良かったためスムーズに取引できた低層階だったのでマンションの売却に時間が掛かりました